借地権は相続できる?

借地権は、借地人が地主から土地を借り、借りた土地に家を建てる事ができる権利です。借地人は契約満了時までは、借りた土地に住み続ける事ができます。借地権法は現在新旧が混在していますが、住宅を建てる場合は普通借地権になるため、存続期間も長く、また更新ができます。更新時には高い更新料がかかりますが、それさえ支払えば住み続ける事ができます。

しかし、途中で借地権を所有している人が死亡してしまった場合、借地権はどうなるのでしょうか?結論は、相続人がいれば借地権を相続できますので、家や借地権を手放す必要はありません。

借地権を持っている人が亡くなった場合、地主の中には土地を返して欲しいと要求してくる事があります。しかし借地権は相続人が存在している以上、相続する権利があり、地主が要求してもそれに応じる義務はありません。これを知らずにいると、本来地主に土地を返還する義務はないのに、住む場所を失ってしまう事になります。

ただしこれは父親が借地権を持っている場合に、妻や子供が相続する場合の話です。非相続人になると少し話は変わってきますが、必要な手続きをすれば非相続人であっても、借地権を相続する事はできます。

では地主がなくなり代替わりをした場合、はどうなるのでしょうか?この場合も地主の相続人が契約をそのまま引き継ぐので、借地人には特に影響はありません。契約内容も更新時または、契約満了時までそのまま引き継がれます。