地主の許可について

借地権を所有している人が亡くなっても、相続人がいればそのまま借地権は相続できます。地主によっては相続する場合、名義変更をするよう求めてきたり、契約を解除して土地を返して欲しいと求めてきたりする事があります。しかし法律上では、名義変更も必要ありませんし、契約はそのまま相続人が相続できるので、土地を返す義務はありません。従って借地権を相続しても、名義変更や契約書の書き換えは一切必要ありません。

地主の許可は必要ありませんが、一応借地権を相続したという通知はしておかないといけません。この場合は父親が借地権を所有していた状態で亡くなり、それを子供が相続する場合です。これは同居していても、別居していても同じですから、通知だけしておけば後は今まで通り、借地権を所有し、その土地に住む事ができます。

ただし相続人が叔父と姪や甥という場合は、非相続人への遺贈になるため、このケースに限っては地主の許可が必要です。この場合は賃貸人つまり地主に、承諾をしてもらい、承諾料を支払います。

父から子へ相続する場合は、地主の許可も契約書の書き換えも不要ですが、非相続人への遺贈には地主の許可が必要です。中には承諾してくれない地主もいます。この場合は家庭裁判所に申し立てをして、認められれば相続できます。

 

借地権相続のトラブル

借地権の相続は必ずしも、借地人が亡くなるというケースとは限りません。これ以外のケースではトラブルになる事も多々あります。

例えば子供が結婚して、父親名義の借地権で借りた土地に二世帯住宅を建てることになり、二世帯住宅を息子名義にするという場合、相続人であっても、地主の許可無く別の名義で新しく家を建て直す事はできません。この場合は息子名義で新たに借地権契約を結び直さないといけません。地主に断りなく、勝手に息子名義で家を建てると、契約違反となり最悪、借地権契約を解除される可能性があります。

これは契約書にも記載がありますが、地主の許可なく借地人と違う名義で家を建て替えると債務不履行になってしまいます。この場合は地主が契約を解除する権利があるため、いくら借地人でもそれを拒否する事はできません。

相続が可能なら、親子であれば構わないだろうとやってしまいがちなミスです。しかしこレは契約違反になるので、最悪二世帯住宅をどころか、住むところを失う可能性があります。リスクがある事はできるだけしないよう、事前に何をどうしべきか調べてから行動するのが賢明です。どうしていいかわからない場合は、弁護士に相談すればアドバイスしてもらえます。

借地権は相続できる?

借地権は、借地人が地主から土地を借り、借りた土地に家を建てる事ができる権利です。借地人は契約満了時までは、借りた土地に住み続ける事ができます。借地権法は現在新旧が混在していますが、住宅を建てる場合は普通借地権になるため、存続期間も長く、また更新ができます。更新時には高い更新料がかかりますが、それさえ支払えば住み続ける事ができます。

しかし、途中で借地権を所有している人が死亡してしまった場合、借地権はどうなるのでしょうか?結論は、相続人がいれば借地権を相続できますので、家や借地権を手放す必要はありません。

借地権を持っている人が亡くなった場合、地主の中には土地を返して欲しいと要求してくる事があります。しかし借地権は相続人が存在している以上、相続する権利があり、地主が要求してもそれに応じる義務はありません。これを知らずにいると、本来地主に土地を返還する義務はないのに、住む場所を失ってしまう事になります。

ただしこれは父親が借地権を持っている場合に、妻や子供が相続する場合の話です。非相続人になると少し話は変わってきますが、必要な手続きをすれば非相続人であっても、借地権を相続する事はできます。

では地主がなくなり代替わりをした場合、はどうなるのでしょうか?この場合も地主の相続人が契約をそのまま引き継ぐので、借地人には特に影響はありません。契約内容も更新時または、契約満了時までそのまま引き継がれます。